一般社団法人日本科学技術センター

トップページ

第一級陸上無線技術士

環境科学研究所

排水処理技術・水質簡易測定

公害防止管理者
 受験対策研修会
 
省エネ法改正
 実践対策セミナー

下水道第3種技術検定
 受験対策研修会
  ≪札幌会場≫
  ≪仙台会場≫
  ≪広島会場≫
  ≪名古屋会場≫

下水道管理技術認定試験
《管路施設》
 受験対策研修会
  ≪札幌会場≫
  ≪仙台会場≫


エコ検定
 各商工会議所、各事業所からの要望により開催します。


電気工学研究所

第二種電気工事士


第三種電気主任技術者


第一種電気工事士



事業所内研修の企画立案・実施


お問い合わせ




















公害防止管理者



ご挨拶


 「将来の世代」へ、緑豊かな「地球環境」を継承すべく「持続可能な社会」の構築が問われる現在、「公害防止管理者制度」も新たな役割を担うようになりました。

「低炭素社会の実現」「省エネルギー対策」など、現在事業所が問われている課題に関しても、公害防止管理者の「排出防止技術」「測定技術」の環境技術はその基本となる内容であると、再評価されています。一般社団法人日本科学技術センターは特定工場・特定事業所の方々に限らず、全ての事業所の環境担当者の方々にこの資格取得を広く呼びかけるものです。

当センターのこの研修は、試験問題の数倍の予想問題の実践研修が主な内容です。あくまで6割以上正解できる問題解答能力の向上を目的としました。

また、必要とされる基礎的な項目はその解説の中で教育します。2018年版「公害防止の技術と法規」はそのなかで使用しますので各自でご用意ください。

書面ご高覧の上、ご配慮いただけますようお願い申し上げます。

下記の欄に当センターの教育システムをご紹介しますのでご参照下さい。


教育システム
1 基礎学習 <<化学(大気・水質)の基礎知識>>サブ教材と解説CDで基礎学習
2 本研修 科目ごとに、化学知識などの基礎教育から、各科目の必要知識付与、試験問題の解答の導き方までの一貫教育
4 フォローシステム

 @重要ポイントの把握  「効率的な合格点確保」
 
 出題傾向に精通した専任講師が、試験に必要な知識・ノウハウを伝授します。

 A 理解度深める反復学習 「CDの活用」
  
お仕事の都合などで、研修会欠席の方には、講義内容CDを進呈します。
  また、受講生の皆様には実費で提供できますので復習にご活用下さい。

 B 疑問点の解決     「添削指導の徹底」
  
各テーマの個人添削指導はFAX通信で行います。皆様の疑問点を解決します。

 C 次年度は受講料の割引制度
 
 万一合格基準に達しない科目は、翌年の受講料は割引。(テキスト代はご負担願います。)
  仕事の都合などやむ得ない場合は、複数年での資格取得も計画できます。


「公害防止管理者」国家試験について

受講申込要領(公害防止管理者/受験対策講習会)
  東京会場  大阪会場