一般社団法人日本科学技術センター

トップページ

第一級陸上無線技術士

環境科学研究所

排水処理技術・水質簡易測定

公害防止管理者
 受験対策研修会

省エネ法改正
 実践対策セミナー

下水道第3種技術検定
 受験対策研修会
  ≪札幌会場≫
  ≪仙台会場≫
  ≪広島会場≫
  ≪名古屋会場≫

下水道管理技術認定試験
《管路施設》
 受験対策研修会
  ≪札幌会場≫
  ≪仙台会場≫


エコ検定
 各商工会議所、各事業所からの要望により開催します。


電気工学研究所

第二種電気工事士


第三種電気主任技術者


第一種電気工事士



事業所内研修の企画立案・実施


お問い合わせ

































































































































「公害防止管理者」国家試験について


◆ 国家試験の目的

「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律」に基づいて、特定工場の事業者に対して、公害防止組織の整備が義務付けられています。その中で重要な役割を担う公害防止管理者及び公害防止主任管理者には、法で定められた資格を取得した者を選任しなければなりません。この国家試験は、合格者に対してその資格を付与することを目的に行われます。

◆ 試験区分

大気関係第1種公害防止管理者試験

水質関係第1種公害防止管理者試験

大気関係第2種公害防止管理者試験

水質関係第2種公害防止管理者試験

大気関係第3種公害防止管理者試験

水質関係第3種公害防止管理者試験

大気関係第4種公害防止管理者試験

水質関係第4種公害防止管理者試験

特定粉じん関係公害防止管理者試験

騒音・振動関係公害防止管理者試験

一般粉じん関係公害防止管理者試験

ダイオキシン類関係公害防止管理者試験

公害防止主任管理者試験

    


◆ 科目別合格制度の概要

科目別合格制度は、平成18年度に実施した試験から適用されており、同一の試験区分を受験する場合に適用されるものと、他の試験区分を受験する場合に適用されるものとの二つがあります。


◆ 同一の試験区分を受験する場合

当該試験の一部の試験科目に合格した場合、その試験科目は合格した年の初めから3年以内は受験者の申請により科目免除されます。

≪例≫ 水質関係第2種公害防止管理者試験を受験して資格取得する場合

試験科目

平成26年度

平成27年度

平成28年度

平成29年度

公害総論

合格

免除

免除

再受験合格

水質概論

不合格

合格

免除

免除

汚水処理特論

不合格

合格

免除

免除

水質有害物質特論

不合格

不合格

不合格

合格

合否判定

不合格

不合格

不合格

合格
(資格取得)



◆ 受験願書の配布・受付期間
   平成30年7月2日(月)〜7月31日(火) 予定

◆ 国家試験日
   平成30年10月7日(日) 予定

◆ 試験区分及び受験手数料

試験区分

受験手数料

試験区分

受験手数料

大気関係第1種公害防止管理者試験

各6,800円
(非課税)

大気関係第2種公害防止管理者試験

各6,400円
(非課税)

大気関係第3種公害防止管理者試験

大気関係第4種公害防止管理者試験

水質関係第1種公害防止管理者試験

水質関係第2種公害防止管理者試験

水質関係第3種公害防止管理者試験

水質関係第4種公害防止管理者試験

ダイオキシン類関係公害防止管理者試験

騒音・振動関係公害防止管理者試験

公害防止主任管理者試験

特定粉じん関係公害防止管理者試験


一般粉じん関係公害防止管理者試験



受験対策講習会
  東京会場  大阪会場